中学受験において個別指導塾のすすめ。国語力アップの重要性。

中学受験を控えた小学生にとって、自分にあった学習方法を見つけられないととても苦しい思いをすることになります。

とくに集団塾では、みんなで講義を受けることで、わからないことをわからないままにしていたり、人前で質問することが苦手な子や、恥ずかしいなどで質問をせずそのままにしてしまう子が多く、そうするとそのまま分からないことが増えて行くことが多く見受けられます。
個別指導塾では、わからないことをすぐに講師に聞くことができ、わからないことを重点的に教えてもらえたり、自分のペースに合わせて進むことができるので、成績のアップにもつながります。

特に、国語力をあげると、中学受験のあとの高校受験や大学受験にも苦労することはありません。
すべての教科で社会に出てからの仕事でも国語力は重要なのです。

その国語力も、集団塾では聞けなかったことが、個別指導塾では聞きやすく、個人個人にあった学習方法で集中して教えてもらえるため学力向上につながることが個別指導塾のメリットです。
国語だけでなく算数など他の教科でもそれは同じであり、個人個人に合う学習方法をみつけ学んでいくことは本人のやる気にもつながり、中学受験突破やこれからの学習力も飛躍することになります。